短中ブログ2009

うきとういちです。

2006年、大ブレーキ。









2007年、大ブレーク。









こんばんは。うきです。馬場君から御指名頂きました。


さて、僕は大きな声で挨拶をしているというのがみんなの意見だそうですが


ぼく自身そんな気はちゃんちゃらありません


ちゃんちゃらというのは全くという意味です。


みなさんこれから使いましょう。


しかしそれは無意識にできている、という事かも知れません。


なぜ無意識にできるようになったのか。


それは高校時代に叩き込まれたからです。


皆さんはご存じではないと思いますが、ぼくは京都のR高校の出身で


礼儀とか挨拶にすごく厳しいところでした。


一年生は声が小さかったら容赦なくシバかれます。


休み時間に部室に呼ばれて先輩から竹刀でご指導を受けたのも


一度や二度ではありません。


四度です。


でも、それで挨拶が身につきました。


感謝しています。本当ですよ。


挨拶のみならず、「あの時があったから今の自分がある」といえるような


いわゆる下積み時代がみんなあると思います。


「あれだけ走ったんだ、絶対に結果を出してみせる」


「失敗に失敗を重ねて弱点はわかった、今度は必ず成功だ」


スタート前にそんな自信を持てるように、自分を見つめてがんばっていきたいと思います。


とりあえず、まずは故障を治します。


ぼくの日記は以上です。


明日は、若干意表をついて土山さんに書いていただきたいと思います。


よろしくお願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2006-10-05 23:31 | 日記
<< ツチヤマdeath…!! 日記をストップさせてすみません... >>