短中ブログ2009

東京では初雪観測だそうです

更新が遅れてしまいました、すいません。吉岡です。


沖縄から帰ってきて少し経ちましたが、みなさん調子のほうはいかがでしょうか?


僕は合宿3日目に怪我をしてしまい、せっかくの合宿の半分を補強と治療に費やすことになってしまいました。


冬期に入ってからこれといった怪我もなく練習を積めていただけに、ここでの怪我は悔やまれますが、


今は1日でもはやく復帰できるように治療とリハビリに励んでいるところです。


今回怪我をしてみて思ったことは、「自分を知る」ことができていなかったということです。


怪我には細心の注意を払っていたにもかかわらず、怪我をしてしまった。


それは、その日の疲労度、気候による身体への影響などといった要素を理解しているつもりでも


実はできていなかったから起こったのではないかと思います。


まぁプロでも怪我はしますから、怪我を防ぐのは容易ではないですが、


「自分を知る」ということはアスリートとして大事なことだと思います。


以前雑誌や新聞でも書かれていましたが、世界陸上ヘルシンキ大会400mH決勝レースの前、


どしゃぶりの雨のために、レース時間が変更になるとかならないとかで情報が錯綜し


若い選手たちは、アップを始めたり止めたりと落ち着きがありませんでした。


そんな中、数々のレースを経験してきた為末大選手は正式な発表があるまでどっしりと座って待っていたそうです。


そしてレース本番でも冷静になって戦略を考えて走り、見事銅メダルを獲得しました。


為末選手が成功したのも、自分の今までの経験を生かし、そうした状況で自分はどういう走りができるのか


といった、「自分を知る」ということができていたからなのではないのかと思います。


為末選手は非常に研究熱心で、自己分析にも相当時間を費やしているでしょうから


僕もいちアスリートとして、そうしたところを見習いたいですね。




就活でも自己分析は必要になってくると思うので、今からその訓練をしてみてもいいんじゃないかと思いました。


今年から就活か・・・


来年の今頃には内定もらって残りの大学生活を楽しみたいなぁ・・・


実際相当エグってるんでしょうね



次はもうすぐ4号の住人になる成田くんでお願いします!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-03-17 00:10 | 日記
<< 試合!?結果報告 沖縄合宿練習結果報告 >>