短中ブログ2009

再履の季節がやってきた!

こんにちは。横田君からご指名頂きました。

そう、すべりしらずの関西人といえばわたくし、うきです。

みんなすべりしらずの僕を妬んで「すべってる」とか言うんですよね。

もっとみんな正直にならないといけませんよ!

まあ僕は寛容なんでそのへんは大目に見ているわけです。

スターの宿命ってやつですね。きっと。

・・・・・

はい。調子に乗りました。すいません。ということで本題に。

ご存知の方も多いと思いますが、僕は先日の東大記録会におきまして

混成デビューを果たしてきました。

集合がフリーになるほどの豪雨の中で、トッパーと円盤をこなし

ポールでは、踏み切りの瞬間ポールが滑って捻挫(流血のおまけつき)したものの

1500まで走りきりました。1500は小島くんの予想を40秒以上も上回る頑張りでした。

記録的には不本意極まりないものでしたが、最後までこなしきったことで

各種目の良かったところ、悪かったところがしっかりと見えてきました。

何がいいたいかと言うとですね。そうなんです。試合は最高の練習だということです。

狙った試合(関カレ、全カレなど)につなげていく流れの中で

皆さん必ず試合にいくつか出ますよね?

そこではやはり、試合でしか得られない感覚があるはずです。

ピーキング、アップ、前半の入り、後半の粘り、駆け引き、フライングした時の対処・・・・・

そういうのを総合的に練習するという意味合いも、この時期の試合にはあると思います。

(狙った試合に出るために標準を切らないといけない、などの状況もあるとは思いますが)

そして練習では常に試合を想定してトレーニングする。

「練習は試合のつもりで、試合は練習のつもりで」って高校のときに聞きましたが

少しわかるような気がします。

僕は秋に6000点を狙いに行くので現段階ではまだまだ試合=練習です。

皆さんもちょっとそういう風に考えてみてはいかがですか?

ひさしびりに真面目に日記を書いた気がしますね。

真剣に考えているのは一発芸だけではないんです。

なんせ塾記録を狙っているものですから。長期計画ですが(笑)

ほな成田!西本!たのんだで~!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-03 18:43 | 日記
<< はじめまして ごーいんぐまいうぇい >>