短中ブログ2009

宮崎あおい結婚ニュースのショックなんてなんのその!!(血の涙)

甚だ僭越ながら書かせていただきます!
三四会競走部5年の藤井です。

だいぶ前に「熱いことを書いてください!」と市村主将よりIDとパスを教えていただいていたのですが、なかなかタイミングを見つけられず書くことができませんでした・・・すみません。


一年生の皆さん、はじめまして。
三四会競走部というのは全塾体育会競走部とは別にある医学部競走部のことです。自分はそちらのほう中心で活動しているのですが、昨年末に幹部を引退して以来ときどき全塾競走部の練習に参加させてもらっています。病院実習があるためなかなか日吉に行くことができませんが、近々また土曜の練習などに参加させてもらいたいと思っているので、そのときはよろしくお願いします!





関東インカレ、全日本インカレ。
皆様お疲れ様でした。

自分は関東インカレは4日間とも応援に行くことができたのですが、日本インカレのほうはマイル予選しか応援に行けませんでした・・・すみません。しかし出場した選手の皆さんの熱い走りをこの両目に焼きつけてきました。


インカレ。
それは自分にとって最高の夢の舞台です。

初めて見に行ったのは大学2年生のときで、それまで「速さでは負けていても熱さなら医学部も全学に負けない!」と思ってやってきていましたが、正直なところその熱さでも負けていると痛感させられました。大波のような声援で競技場が揺れるあの感じ。忘れることができません。

それ以来というものインカレは必ず見に行くようにしています。陸上初心者が多い三四会の1年生も「これが陸上の本当の熱さってやつだ!」ということを伝えたくて、積極的に見に連れてきています。そしてテレビでは絶対に伝わらない熱い気持ちを競技場で直接感じ取ってもらいたいと思っています。そして自分自身もいつも熱い気持ちにさせられています。


ですが、僕にとってインカレ出場は決して叶うことのない夢でもあります。それは自分が三四会競走部の主将を引き受けることを1年生のときに心に決めて以来、体育会競走部に入ることは諦めていたからです。実習が始まった今となってはますます入部することは難しくなっています。。。



でもそんな自分の夢の舞台で活躍する皆さんの姿・・・
まさに自分自身も一緒にそこで走っている気持ちでした。


竹井君の最後の粘りには本当に感動しました。ちょうどその頃の自分は肉離れをしてしまっていて落ち込んでいたのですが、僕は竹井の走りに「決して最後まで諦めるな!!」と言われた気がします。


今年で最後のインカレになる小堀君、市村君。
ほんとうにお疲れ様でした。

ただ選手として走るだけじゃなく、上に立つチームを率いる者として走ることの大変さは、三四会で去年1年間主将を務めた自分にも痛いほどわかるところです。去年の自分はそのプレッシャーで完全に潰れてしまっていました・・・。しかしその幹部としての重責のなかで、二人の堂々とした走り。僕は本当に心からの勇気をもらいました。


出場した西本君、小島君、樋口君、横田君、土山君・・・そして他の短中パートの皆さんにも書きたい言葉はたくさんあるのですが、あまり一気に書きすぎてしまうとほんとうにそれだけで一晩かかってしまいそうなので、これからすこしずつ機会があるときに伝えさせていただけたらと思います。







須田さんが0走として、そして慶應義塾体育会競走部が1~4走としてつなげたバトンを、僭越ながら今度は自分も受け取らせていただきたいと思っています。

というのも、明日はいよいよ三四会のほうの公式戦初戦なのです。

1日で全種目をこなすため、とてつもないタイムテーブルになっています。
自分はこの1日で400を5本走ることになります・・・。

最後のほうはマイル予選→400HTR決勝→400決勝→マイル決勝という4本仕立てがなんと1時間に1本ずつあります(せめて1本くらい午前にまわしてくれてもいいのに・・・)。でも実はこれでも4継を怪我で辞退することになったぶん、去年より楽になっています。。。苦笑

医学部の公式戦は毎回こんな感じなので、5年目にもなるとそろそろ悟ります。「人間に不可能なんてない!意外とやれるもんだ!」と。。。それはいいことなのかな・・・???


実際、気持ちが折れている場合ではありません。
やるしかない!



そう、思い出してみれば・・・
300×20だってやり遂げたじゃないか・・・




自分の力を信じる気持ちが大切な1日です。

負けられません。




僕は全塾体育会競走部の部員ではありませんが、三四会の公式戦では自分も同じ「慶應」を代表する選手という気持ちをもって、走っています。Kマークを背負っている気持ちで誇りとプライドを、そして一緒に切磋琢磨してきた日々のすべてを感謝をこめて。

明日はこれまでに全塾競走部のみんなからもらった「熱い気持ち」を上柚木でぶつけてきたいと思います!!



バトンはどこまでもつづいていく・・・


GO!GO!Let’s GO!Let’s GO!KEIO!!





すみません、なんかこんな文章でよかったのかなぁと思いつつ・・・。


今後とも末永くよろしくお願いします。





次こそはパーマメント・バケーションの竹井君お願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2007-06-16 23:59 | 日記
<< 試合結果 全日本インカレ、その他 Road Trippin' >>