短中ブログ2009

アベさん、辞任。

慶早戦おつかれさまでした。
前・短中パートチーフの小堀進也です。

1年間短中パートのチーフを務めさせていただきました。至らない点が多々ありましたが、皆様の支えのお陰で何とか任務を全うすることができました。本当にありがとうございました。

パートチーフを務めた1年間、本当に充実した時間を過ごすことができました。大変なこともありましたが、それを補って余りあるくらい、良かったことがありました。みんなとエグりながらも、声を出し合って、笑いながら、時にはバカもしながら、日々の練習に一緒になって真剣に取り組めたことは、かけがえのない思い出です。素晴らしい仲間に恵まれたと心から思います。このパートが、心から好きでした。

今回の慶早戦に関して、個人的には全くチームに貢献することができず、本当に申し訳ありませんでした。最後の最後まで頼りない姿をお見せしてしまって情けない限りです。周りのみんなには心配やご迷惑をおかけしました。腰や大腿の状態は、それほど重症ではないので、早期復帰を目指します。正直、1周走りきれるような体の状態ではありませんでしたが(精神的にも)、何とか走りきれたのはみんなの応援があったからです。心からそう思っています。同学年の仲間、後輩達、OBの先輩方。みんなの「がんばれ」という声だけが、1周走りきる原動力になっていました。本当にありがとうございました。

こうして振り返ってみると、大学4年間で400mのベストは更新できずに終わってしまいました。悔しいですし、応援してくださった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、後悔はしていません。これが自分の努力してきた結果なので、素直に受け止めようと思います。また、400mではベストを更新できませんでしたが、100mや200mでベストを更新できたことは良かったです。特に、100mで憧れだった10秒台を出せたときは本当にうれしかったです。

記録的にもいまいちでしたが、実績的にもほとんどチームに貢献できずに終わってしまいました。対抗戦には何度も出させていただきましたが、2校対抗の試合では得点なし。今年の関カレ・マイルでは僕のところで5位に落ちるなど、迷惑をかけることが多かったです。今年のマイルに関しては、テレビ放送の際に各方面から多数の批判を頂き、返す言葉もありませんでした。皆様におきましては、どうか私を反面教師として、成長していって頂けたらと思います。

このような私ではありますが、今後も細々と運動を続けようと考えています。
どうやら同志社戦は、僕の知らないところで、僕が走らせてもらえない事が決まっているみたいですが、いくつか記録会にエントリーしてあるので、心と身体と相談しながら、楽しく・無理なく続けていきたいと思います。また、ちょくちょく練習にも顔を出したいと思いますので、適当に相手してやってください。僕でよければ、相談やアドバイスにも乗りたいと思います。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
Mr. Childrenというグループの「my life」という曲の歌詞に、こんなフレーズがあります。
「いい事ばっかあるわけないよ それでこそ my life」
競走部での生活はいい事ばかりではないかもしれませんが、決して腐らず努力していけば必ずいいことがありますし、ポジティブになれる日が来ます。
皆さんの今後の健闘を心より祈念しております。



P.S. このブログは今後どうなるのでしょうか?
    あと、竹井さん・須田さんもぜひ書いてください!!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-09-18 00:00 | 日記
<< 全力少年 試合結果 早慶戦 >>