短中ブログ2009

あいさつ

こんばんは。きょう東大で生死の境を彷徨いました、うきです。

さて、ぼくは10月21日を持ちまして

慣れ親しんだ短中パートから、フィールドパートに移らせていただきます。

きょうはその挨拶として、回ってきていませんが、書かせて頂く事に致しました。

急で申し訳ありません。




パート移動の理由としましては、練習スタイルを変えていかなくては、と考えたからです。

もう十種競技に移行してから半年がたちました。

4700点から始まった混成も、この間の日体で5400点オーバーとなりました。

関カレ標準まであと582点。ぼくはもう一度どうしたら6000点を取れるか考えました。

結論としては、やはり技術種目が未熟すぎます。

跳躍種目はむらがあり、投擲もまだまだお話になりません。

来年の関カレに出場するには、冬季期間中も

基礎体力作りと平行して、どんどん跳んだり、投げたりする必要を感じました。

グランドがない今の状態では、基礎体力作りを自分で行い、他種目の選手と技術練習を行っていくべきだと思いました。

やっぱり、パートを変えてやっていこうと思いました。




露木さんにも、土山さんにも「浮氣がそう考えたのなら」といって快諾していただきました。

本当にありがとうございます。

そしてきょうは、短距離パート所属としての最後の合同練習でした。

2セットで明らかに死にましたが、みんなに鼓舞されて3セット行っちゃいました。

再び死にました。

土山さんに集合で「浮氣がいなくなるのはパートとして少し痛手だけど・・・」

というようなことを言って頂きました。

僕としては、慶應の看板パートを盛り上げていこうと常々思っていて

声を出したり、ベスト出したり、誰かがやらなきゃいけない雑用も結構やってみたりして

そんな部分を評価していただいていたのか、と初めて感じて

少し寂しさの中にも嬉しさを感じました。




フィールドパートにいっても

元400m選手としての意地だけは、常にもって混成を続けていきたいと思います。

それに、全く合同練習に参加しないというわけではありません。

最低でも週に1回は、フィールドパートからの刺客として、練習に参加したいです。

みなさん、フィールドパートに負けないように頑張りましょう(笑)

そのときはどうぞよろしくお願いします。

入部して1年半、短中でやってきてよかったと思います。

これからは「フィールドに移ってよかった」と思えるように

練習して、練習して、そして結果を残します。






本当にお世話になりました。ありがとうございました!!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-10-17 23:06 | 日記
<< 試合結果 10月17日 練習結果@東大 >>