短中ブログ2009

カテゴリ:日記( 178 )

誰がなんと言おうと流れはうちだ

関カレ1日目お疲れ様です!西本ですm(_)m
すごいいい流れで初日を終えれましたね!

入部して1年経ちましたが、こんなにチームがまとまったのは初めてだと思います。
本当にチームみんなで戦ってるって感じです。

僕は1か月くらい怪我でまともに練習できず、今日10日ぶりに走れました。
去年の僕なら、合宿所の食堂の柱に抱きついて「走りたくないです~」とか言うてたと思います。
でも今年は全然不安はないです。あの応援のなかで走れると思うと、来週の800が本当に楽しみです!!
そして、明日はマイルの予選です!!表彰台への通過点に過ぎませんが、関カレのレベルを考えれば、まったく気はぬけません、、、
応援で背中を押してください!!僕も全力でサポートしたいと思います!

それでは明日も1日おもいっきり楽しみましょう!!

次は書きたい人が書いちゃってくださいm(_)mできれば馬場さんで!!
[PR]
by keio_tanchu | 2008-05-17 23:41 | 日記

関カレ祭りだ、ワッショイ、ワッショイ!!

今までが嘘だったかのような怒濤の投稿ラッシュ…
このアツい流れを失わないようにしっかりバトンをつなぎたいと思います!




……と思っても話し下手、文章下手な僕には、何時間考えてもなかなかアツい文章が思いつきません…



なので、簡潔に・率直に僕の思いを書きます!





今年の関カレで、短中パートが掲げた目標の一つ、それは今年のグアム合宿で掲げた、「マイルで塾記録更新&関カレ表彰台」です!



先週の土曜日、最終選考会で負けたため、僕は補欠に回ることになりました。

今の実力では関カレでマイルを走るにはまだまだ実力不足です。先週やっと50秒をきったばかりですし…


なので、「マイルで塾記録更新&関カレ表彰台」、この目標を僕は「走り」で達成することはできません。しかし、走り以外で僕にできること、それはこれ以上ない精一杯の「サポートと応援」です!

more
[PR]
by keio_tanchu | 2008-05-16 21:26 | 日記

今夜は前夜祭

朝、目覚めると

1通のメールが届いていました

寝ぼけながら

「またどうせ迷惑メールだろ。魅惑のリエちゃんだろ。朝からご苦労なこった。はいはい。ぷんぷん」

と思いメールを開くと

横田からの短中ブログよろしくメールでした。

そして、ブログを見ると

横田の激アツな文章が・・・

土山さんに回すため、珍しく即行で回します。


僕の好きな言葉に

don't think feel "考えるな。感じろ"   @燃えよドラゴン

という言葉があります。


いろいろなことを考えながらだと、最高のパフォーマンスは発揮できません。

去年までの僕は、いろいろなことを考えすぎていました。

AOで入ったからには活躍しなくてはとか

ハードルは振り上げを意識してとか

普段の生活、練習、レース

さまざまな場面において迷いが生じていました。


しかし、最近は日体まで追い込まれたからかは分かりませんが、

自分の中で何かのリミッターが外れた気がしています。

100%レースに集中して、相手に勝つことだけを考えてスタブロに着けています。

過去でも未来でもなく "今" を感じて走れています。


なので、みんなも感じてください。

関カレの高揚感

チームの流れ、チームメイトの走投跳

そして、一人ひとりの熱い想い


その感じたもので、戦いましょう。爆発させましょう。


綺麗事は好きなほう。小島が回しました。

一回投稿できなくて全部消えました。ショック!コピペの大切さ。

今から刺激入れてきます。

後はお任せします。

禁断の馬・・・

冗談です。土山さん!!お願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2008-05-16 09:15 | 日記

1日遅れました><ほんとにすみません

こんにちは、1年でみんなと外れた趣味で、<わが道>を進んでいる廣瀬です。

僕の生き方は皆さんからみると<わき道>を生きているように見えるかもしれませんが、僕の道には<湧き水>があるんですよ。

心の奥からグッとあふれてくる何かがヽ(゜▽、゜)ノ僕を支えてくれています。
その源泉は言うまでもありません。


関カレまであと3日、毎回大会前になって何かが足りない気がします・・

スピード感がなかったり持久力がなかったり…しかしいまさら後悔しても仕方ありません!

いままでの練習を信じて、自分の力を信じて!

そして今日を含む残った2日間の調整に全力をだして、後悔の無いよう関カレ本番に向かってひたむきに頑張ろうと思います!


今日の練習で調子が上がってきている気がして関カレ本番へのイメージが出来上がってきました!

この調子で本番頑張ります!!


次は短中のエース横田さん!関カレ前最終日をしめくくってください!!
[PR]
by keio_tanchu | 2008-05-15 19:28 | 日記

集大成

こんにちは、吉岡です。
馬場くんが書いてくれないので僕が書きます。





さて、いよいよ関東インカレが迫ってきました。
思えば僕が「関カレ」を初めて体験したのは3年前になります。
その頃僕は入部したての1年生で、関カレの位置づけや1部と2部の違いなんかも正直よくわかっていなかったように思います。
しかし、何か独特な雰囲気による緊張感と、慶應も含め他の強豪校の選手のパフォーマンスを生で見られることに興奮を感じていたのを覚えています。


当時慶應は2部にいたのですが、今思うとその時の4年生は、最後の年を2部で戦わなければいけないことに悔しさを感じていたことと思います。
毎年関カレでは、1部の下位2校と2部の上位2校が入れ替わるわけですが、やはり1部の高いレベルの中で勝負することの方がより価値があると思います。
だから、当時の4年生(もちろん他の学年も)は1部に昇格するために必死になって戦ってくれました。
その結果、慶應は見事1部に昇格することができたのですが、これが無ければ次の年に1部で戦い、残留し、その翌年も再び1部で戦い、残留することはなかったと思います。


今年の関カレは現役部員だけの関カレではありません。
先輩方がこれまで積み重ねてきてくださったからこその「今」があります。
僕が偉そうにこんなことを書いたら選手にプレッシャーをかけてしまうかもしれませんが、そうした事実があります。
僕らの代が最後の年に1部で戦えることに感謝をし、最高の形で終えたいと思っています。





また、僕自身の話になってしまうのですが、結局関カレには一度も出場することができませんでした。
僕の競技レベルから考えたら、本来関カレに出場するのが目標であると口にするのも畏れ多いのですが、あえて僕はずっと関カレに出ると公言してきました。
僕は高校時代から大舞台に立って勝負がしたいという夢がありました。
競走部に入部してからは、部が最も重きを置く大舞台、関カレに出場することは僕にとっての夢でした。

しかし、現実はそんなに甘くなく、夢は夢のままで終わってしまいました。
この3年間できちんとした積み重ねができていなかった僕が出られるほど関カレは甘くないんです。
はっきり言って、無理だということは目に見えていました。
だけど、先日の日大記録会では何とかベストを出して、チームに勢いを与えられたらと思い、出場しました。
レース中、皆が僕のことを必死に応援してくれました。
そして、ベストを出すことができました。
応援してくれたことに対する嬉しい気持ちと、もう関カレには出られないのだという悔しい気持ちが交錯して、思わず涙が出てきました。
この日のレースは忘れられないレースになると思います。

その日は、標準を切ろうとしていた選手が沢山いました。
あとちょっとというところで出場できなかった人に比べたら僕の悔しさなんて、屁でもないと思います。
だけど、関カレは僕にとって、いや、皆にとって憧れの舞台であることに違いはありません。
だから、選手には出られなかった人たちの悔しい思いを無駄にしないよう頑張ってほしいし、僕も全力で応援・サポートしたいと思います。
月並みな表現しかできませんが、本当に頑張ってほしいです。


なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、とにかく最高の関カレにしようということです!
それでは、次は自己紹介を含め、1年生のマッスル三浦くんあたりにお願いしたいと思います!
誰かIDとパスワード教えてあげてね。


このブログ放置しがちになってしまうので、何か書きたいことがあるという人は指名されてなくても積極的に書いてください。関カレ前ですしね☆
あと、部員紹介のカテゴリも更新しておきました!
[PR]
by keio_tanchu | 2008-05-11 23:55 | 日記

沖縄という意義

 「沖縄から帰ったら書けばいいやー」と気を抜いていたら放置してしまいました。申し訳ないです。トトロは一瞬の気の迷いです。忘れてください。どうでもいいですが、『ザ恋愛インタビュアー』って面白いですよ。http://nashimoto.hanihoh.com/q/


東京都在住 17歳 高校生 あいりさん
I塚さん?うん、なかなかイイと思いまっす!親しみやすいし。あーでも真面目に告白されたら、なんか、そういうのじゃないかも。


宮城県在住 51歳 会社経営 きょうこさん
I塚のことを聞きたいんだ?んーまぁ私みたいなおばちゃんの意見が参考になるか分からないけど、若いのにバランスとりすぎっていうか、小さくまとまりすぎっていうの?同年代から見たら大人びてるんだろうけど、私の世代から見たら、つまらない男よね~。



それはいいとして・・・

 沖縄合宿への調整をばっちり決めて2日目に糸口を見つけたかなーと思った瞬間に、やり慣れぬハードルでケガしてしまいました。その場その場の判断が陸上においては、上手くいかないと感じています。未だに陸上的に合理的な考え方を採れていないようです。もっと正しい答えに執着します。鍼はものすごい痛かったですが、超効きました。

 いきなりですが、沖縄から帰ってきて僕は法科大学院への勉強を始めました。旧司法試験から比べれれば100倍簡単ですが、元々が日本一難しいとされる国家資格試験ですから、そんなに甘くはありません。どちらにしろ新司法試験は受けなければいけないわけです。ダブルスクールを始めるにあたって父と喧々諤々の議論を交わしました。姉が途中で受験にあきらめているので覚悟を要求されました。「部活を続けるのか?それじゃ本気じゃないんじゃないか?どちらも不幸な結果におわるのでは?」という趣旨の議論もしました。ただ、競走部を辞めるという選択肢はどうやってもでてきませんでした。僕は失くしてもいいものに対しては冷ややかですが、失くしたら戻らないものには敏感です。

 合宿前夜までその議論をしていたので、テンションはかなり低かったのですが、やはり練習が出来る時、走れる時の充実感はいいようがないものです。マリカーやりまくって、カラオケもちゅら海も行きましたが、自己実現の舞台に勝るものではありません。弁護士という夢も自己実現のひとつに違いありませんが、学生だからこそできる陸上生活をしっかり満喫して、納得のいく結果を残す義務が自分にはある!と沖縄合宿で感じました。

 慶應のマークはペンとペンですが、逗子開成のマークはペンと剣(と桜)です。桜に何の意味があるかというと、開成と区別をつけるためという二番煎じの宿命です。福田さんはもしかしたら剣とメスをもっているのでしょうか?どちらも凶器になり得ますね。

 僕はどっちもやります。ケガ治します。そして、そろそろポケット六法を買う時期が近づいてきたということですかね。今までどうやって法律の勉強してたのか、普通に思い出せません。あと、飛び級しかねない宮岸氏に負けられません。そろそろやってくる成績表に『原級』があれば、即刻この記事を削除することをお許しください。それは流石にバカすぎます。リアルに消します。

 次は禁断の馬場で。

 今日、新家のインターネット繋いであげたんだからそのツケを払ってくださいね。カスタマーズセンターに3回も電話したんですから。『ザ恋愛インタビュアー』の全結果と六大への意気込みを書いてみてください。よろしく。
[PR]
by keio_tanchu | 2008-03-06 21:16 | 日記

いざ沖縄

「小島君はどこに住んでいるの?」

「ん?町田だよ。」



長津田のうそつきこと、三浦和義もとい小島です。

ぼくには、10年後のハゲ疑惑が浮上しています。どうでもいいですね。

更新遅れてすいませんでした。



いよいよ沖縄!!

それぞれが、期待と興奮を感じていることだろうと思いますが

ぼくも、いろいろなことを想像してしまうと夜も眠れません。



沖縄特有のゆっくりとした時間の流れや

二部練にそなえて日向ぼっこするグラウンドや

あの衣装を大事そうにトランクに詰め込んでいる浮氣君の半笑いの表情が

鮮明に頭に浮かんできます。



本当に楽しみですね。



話は変わりますが

沖縄合宿の一番の意義は、その特別な「環境」にあると思います。


普段の生活では、部員みんなが別々の環境の中で生活しています。

それぞれの家で、それぞれの家族とともに、それぞれの食事を取り、そして

それぞれの格好でTVを、いやTVを見ていると思います。


その環境が沖縄合宿では、ひとつになってしまうのです。

寝ても覚めても、陸上の環境かつ競走部の環境。

つまり合宿所の環境と似ているわけですが
より大勢で一週間過ごすことは貴重な経験になると思います。


目を逸らすことなく

陸上を見つめ

競走部を見つめ

自分を見つめ

シーズン直前の最終確認として、より多くのものを沖縄から持って帰ってきてやりましょう!!



さーて11時からの「一瞬の風になれ」の録画予約でもするか。。。



次は、
私服にトトロを縫い付けている、メルヘン石塚くん。よろしく。
[PR]
by keio_tanchu | 2008-02-25 14:31 | 日記

助け合いの精神

ゲッツ!アンド、ターン!
ダンディ吉岡です。


今日は雨が降り、寒い一日でしたね。
でも雨が降ろうと、練習はできます。てかやらないとマズイですよね。
冬期練も大詰めとなってきた今、一日一日を大事にしていかなければいけないことを
考えると、少々の雨でへこたれてなんかいられまへん。


ただ、寒くてふくらはぎが・・・



ガッチガチやぞ!!




さて、この間のキックオフでは主将と各パートチーフが今シーズンの意気込みを熱く語ってくれました。
部員だけでなく、OBの方々もたくさんいらっしゃる中で喋るのはとても緊張したと思います。
ご苦労様です。

主将やパートチーフのように、人の上に立つ、ということは非常に責任が生じ、気力のいることだと思います。
キックオフなどの場で話したりするのは勿論、毎日の集合で何を話そうか考えたり、練習メニューを考えたり、部員の悩みを聞いたり・・・
やらなければならないことは山ほどあります。
欝になってしまいそうなこともあるかもしれません。

でも、彼らにはそうする責任があるんです。
リーダーとしてまとめる立場なんですから。

しかし、そんな彼らに全てを任せてしまっていいものでしょうか?
とてもじゃないけど、それは無理だと思います。
彼らだって人間です。完璧じゃありません。
だから、周りの人間が彼らを手助けしてあげる必要があるのではないでしょうか。

僕自身、合宿所の寮長を務めさせてもらっているのですが、
最近、寮長として欠けている部分を何度か指摘され、かなり落ち込んでいました。
そんなとき、ある合宿所員の言ってくれた言葉が非常に僕を勇気づけてくれました。
それは、
「何でもできるやつなんていない。自分一人で解決しようとしないで、俺らに助けを求めてくれてもいいよ。」
というようなことでした。
いい仲間を持ったと思いましたね。

リーダーというものは、周りに支えられてこそ力が発揮できるものであり、そうあるべきだと思います。
土山くんの言う「組織は船」論においても、水夫(下級生を中心とした部員)がしっかりオールを漕いでくれないと、船長(主将やパートチーフ)がいくら指示を出したところで、船は動きません。
そういうことです。

だから、何かちょっとしたことでも手助けできるようなことがあれば、積極的にしてあげてほしいと思います。
シーズンインしたら今よりずっと慌ただしくなるし、尚更周りの協力が必要になってくるので、今からそうした意識を持っていきましょう。

お互いが助け合う、そのような思いやりを持った部員がもっともっと増えれば、競走部はもっともっといい組織になっていくんじゃないでしょうか。
僕はそんな部活にしていきたいですね。


では、次は同じく最上級生のハッピーみぽりん、よろしく!
[PR]
by keio_tanchu | 2008-02-12 21:29 | 日記

キックオフ!~成功の始まり~

キックオフが終わりましたね。
「組織は船」は俺のコトバだー!土山です。

いやぁー僕は体育会のこうゆう由緒正しき行事がホンット好きです。

節目節目の一番良いときにビシッとベクトルを統一する。

今年なんかは競技場の関係で例年になくバラバラになり、集合でのそういったチームとしてのベクトルの修正機能がうまく働いてない分すごく身の引き締まる良い時間であったと思います。

皆さんもこういった行事の場、シーズンオフの酒の席、合宿という寝食を共にする場、体育会競走部で行うこれらの行事はどれもパンピー大学生のそれとは一味もフタ味も違う、とても良いモノです。大いに大切にし奮起の場としていただきたいと思います。

前に集合でも言いましたがこのような場に意味を見出せない、つまらないと思う人間は実はあなたが(少なくともこの部からは)つまらない人間だからなのではないでしょうかというのが僕の考え方です。

中西さんの投稿にあえて絡めてみると、僕は最終的には過去だって変えられると思っています。
例えば僕の人生最大級の失敗『浪人』という過去の事実も、現在人生最大の『成功体験』に変えることができました。僕は現在の自分が相当好きですが、それはあの浪人がなかったら決してありえなかった話なのです。それだけ過去から多くを学び現在の成功へつなげました。そして失敗であったはずの過去は今の成功に不可欠な要素と姿を180度変えました。

昨シーズンの失敗、怪我による出遅れ、チームへのかかわり方の失敗…各々過去の失敗はたくさんあるとおもいます。でもせっかくだから成功に変えませんか?

ポイントは中西さんの記事を読めばわかりますが一つでしょう。まずは『自分』が変わることでしょう。

ではその際のヒントをあげましょう!

数ある大学からこの慶應を選び、オレンジデイズのような大学生活もあるのに体育会の世界を選び、更に数あるスポーツの中から陸上競技を選んだのは誰ですか?そしてなぜですか?


皆がこの問いに答えうる軸を持ち、このチームに所属し、競技に取り組めば、ものすごく良いチーム、仲間と共に最高の競技生活を送れると思います。

共に輝きたいですね

このメンバーで…

いやぁこのメンバーで笑えたら最高だなぁ

最後。


ではキックオフ後初となる明日の練習でお会いしましょう!


次はじゃあ吉岡、かましてやって!


=追伸=
あ、一つこの場を借りて苦言を呈しておきます。
一年生は一人一人もっと積極的に動きましょう。行事においても練習においても。
勿論全員ではありません。動いている人はホントに毎回毎回助かっています。
が、その一方でそうでない人間もいます。そしてそいつらはホントに目立つ。
この一年先輩の何を見てきたんですか?また何を学ぼうとしてきたのですか?仕事を教えてもらい一年経とうとしていますが、
「おれはこれを部に与えたなぁ」
「この面ではしっかり貢献できたはずだ」
このようなものはありますか?

「いっちょまえの不満だけは部に呈することができたなぁ」って話だと悲しいですよ。

しっかりしましょうね。
[PR]
by keio_tanchu | 2008-02-11 16:49 | 日記

バトン受け取りました

放置してしまってすみません。
浮氣、せっかく回してくれたのに、ほんとにごめんね。

マネージャーパートとして初登場の中西です。
つっちーがなかなか書いてくれないので、私が書きます。

言い訳になりますが、書いていなかったには理由があります。
このブログに何を書けばいいのかわからないのです。。。。
最近のこのブログの空気を読んでネタに走ろうかとも思いましたが、
やっぱり私には出来ませんでした。
真面目に書きますw
つまんなくてすみません。。。。




私は今年の年賀状でパートチーフの土山くんにあるお願いをしました。

「今年の関東インカレで必ずマイルで表彰台に上ってください」

私、陸上大好きです。
その中でも昔から一番好きなのは400、800でした。
これ、ほんとです。伊都子さんに確認してくださいw
そして、マイルは陸上競技の中で最高の競技だと思ってます。
慶應のマイルチームは入部前から私のヒーローです。


でも正直言って、私はマネージャーなので、このお願いを叶えてもらうために
直接的にできることは残念ながら何もありません。
私がもし須田さんの塾記録を上回る記録で400m走れたら、
それはもう素晴らしく部に貢献できますが、、、、
不可能ですね。

でも、だからといって、私は直接的に何もできないから関係ないやー
なんて思ったことは一度もないです。
競技者として貢献できなくても、なにか影響を与えて
間接的に貢献できることは必ずあると信じてます。
じゃないとマネージャーなんてやってられませんよー(笑)


選手同士でも一緒だと思います。
誰かの個人の成績のために、仲間が直接何かすることなんてできません。
代わりに走ってあげますか?それはルール違反ですね。
っていうかそんなのでたとえ自分の名前でベスト出てもうれしくもなんともないです。
じゃぁ周りにいる人ができることってなんでしょう。

マネージャーみたくタイムとることですかね。水用意すること?
いやーそれもまぁ役には立てるかもやけど、それだけですね。はい。

私は、誰よりも自分が一番必死になることが、周囲に対する一番の貢献だと思ってます。


「他人と過去は変えられないけど、未来と自分は変えられる」


という言葉をある人に言われたとこがあります。
自分が頑張れば未来だって変えられる。

この言葉には続きがあると思います。

「自分と未来を変えられたら、他人も変えられる」


自分を変えることで、自分が必死に頑張ることで、
その姿から人に影響を与えることは必ずできます。
ま、さすがに過去は変えられないですけどw


それが、モチベーションを与え合う、ということだと思ってます。
お、なんかまとまってきた。

のほほーんってしてるのもいいです。リラックスすることも大事ですし。
でもがむしゃらになることも必要です。
たぶん、がむしゃらな姿の方が人に影響は与えられます。

ぜひ、皆さんには人にたくさん影響の与えられる選手であってほしいです。
私もマネージャーとしてそう在りたいと思ってます。
私たち、体育会でやってる以上プロですから。
自分のことしか考えられない人は同好会で十分です。
周りに対する影響を考えれてこそプロです。
プロフェッショナルで在ること。
市村前主将のお言葉が思い出されますね。


関カレまで100日切りました。
私たち3年生にとって最後の関カレです。

気合いいれて頑張りましょう☆


最後になりますが、

勢いのある皆さんの練習の雰囲気が好きです。
そういう練習のサポートする度に、やる気をもらってます。
私も頑張らなきゃ、と思わずにはいられません。
あと8ヵ月半、よろしくお願いします!

最後の沖縄合宿楽しみです。
頑張りましょう!!!

長々とマネージャーのくせにえらそうに書いてしまってすみません。
次はつっちーお願い♪
[PR]
by keio_tanchu | 2008-02-09 22:33 | 日記