短中ブログ2009

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

フリーズ フリーザ フローズン

こんばんにゃ。
こぼりです。

いよいよ5月。
関カレまであと12日。

陸上生活10年目。
競走部生活4年目。
陸上生活のゴールが見えるようになってきてしまいました。

10年前の僕が陸上競技を始めたきっかけ。
運動会の徒競走で1番になって、目立って、女の子にモテたい。
あの時の目標は、陸上を始めて1年で達成されてしまいました。
(女の子にモテるという目標だけは未だに達成されてませんが・・・)
その次の目標は、県大会に出場すること。
これも1年後には、県大会優勝という形で達成されてしまいました。

中3の夏、僕は全国大会に出場しました。
予選で自己ベストを出して準決勝に進出したものの、
準決勝は緊張のあまり、レース中に○○をして組でビリ。

あの時から、僕の目標は全国大会入賞に切り替わりました。
あれから7年弱。
あの時の目標を未だ果たせずにいます。

自分の可能性を最後まで信じます。
自分自身を信じれなくなったら終わりですからね。


*********************


最近、2つの相反する事象がある場合に、
2つの事象の中で一般的に「悪」とされる事象の正当性について考えることが多いです。

例えば「怪我をしない」と「怪我をする」という2つの相反する事象があった場合、
一般的には「怪我をする」が悪とされますが、
僕はこれについて、最初から悪と決め付けず、
「怪我をする」という事象の正当性、長所について考えるようにしています。

怪我をすることによって、走れなくなるという部分においてはマイナスですが、
上半身を集中的に鍛える、メンタルを鍛えるという部分においてはプラスです。
また、怪我をした時の走り方、体の状態が良くなかったと知ることが出来るのはプラスです。
そのことによって、将来的に記録が伸びれば、一概に悪と決め付けることは出来ません。

怪我をしないが為に、いつまでも効率のよくないフォームで走り続けて、
タイムが伸びないという可能性を考えれば、この2つの事象の善悪は逆転します。

ちょっと面白くない話になってしまいましたが。
何かについて考えるときに、ある物事を悪と決め付けてしまっては、
自分が成長する機会をみすみす逃すことになってしまいます。
まあ、この考え方は、裏を返せば優柔不断になってしまうわけでありますが。

僕の記録が伸びていないことについても、
頑張って考えてみると、まあ若干の長所も見つかることは見つかりますが、
アスリートとしてこのまま終わるのはあまりにも悔しすぎるので、何とかします。


明けない夜は無い。
冬の後には必ず春が来る。


*********************


馬場はいくら言っても書いてくれませんね。
滞りがちなので、別の人に回しましょう。

次は絶好調男、つちやまくん!!

あ、うきくん、更新ごくろうさま。この場を借りて多謝!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-30 23:54 | 日記

試合結果 織田記念など

織田記念  4月29日(日) 於;広島広域公園陸上競技場


★400m

須田嵩司(OB)   48”12   9位






早大記録会  4月29日(日) 於;早大所沢グランド


★200m

小堀進也   23”01(-4.6)






日体大記録会 4月29日(日) 於;日体大


★800m

成田光佑   2’00”31


★1500m

樋口諒    3’57”67
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-29 15:49 | 試合結果

試合結果 東京六大学~横浜市民

東京六大学   4月14日(土) 於;大井埠頭海浜公園陸上競技場


★400m

土山浩平   決:48”74   4位   自己新・関カレB標準突破
小堀進也   決:49”21   5位


★800m

成田光佑   決:1’57”75   10位


★1500m

樋口諒    決:4’00”20   7位


★110mH

竹井健吾   予:17”00(-1.4) 


★4×400mR

慶應義塾   決:3’11”86   3位(小島・市村・西本・横田)


※決勝記録しか書いていない種目もあります。申し訳ありません。









横浜市民   4月21日(土)、22日(日) 於;三ツ沢陸上競技場


★100m

小堀進也   予:11”37(-2.7)   準:11”34(-2.2)   決:11”32(-2.7)   2位


★400m

小島浩紀   予:50”29   決:50”05   4位
馬場健太   予:54”06
深田美歩   決:61”80             3位   大学ベスト  


★400mH

小島浩紀   予:53”83   決:54”13   1位
竹井健吾   予:56”57   決:55”99   5位
馬場健太   予:57”00




スピーディーな更新を目指していきます。見にくい、こうした方がいい、というのがありましたら浮氣までお申し付けください。
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-27 21:22 | 試合結果

試合結果 春季オープン~神奈川県記録会

春季オープン   3月21日(祝)、22日(木) 於;江戸川陸上競技場


★100m

小堀進也   11”10(+1.2)
浮氣統一   11”98(-0.1)


★200m

小堀進也   22”50(-0.9)
深田美歩   27”81(-0.8)


★400m

小堀進也   49”57
小島浩紀   50”81
馬場健太   52”16
深田美歩   62”91 


★400mH

小島浩紀   55”32









東大記録会   3月24日(土)、25日(日) 於;東京大学駒場グランド


★1500m   

樋口諒    3’58”39


★十種競技

浮氣統一   4705点









神奈川県記録会   4月7日(土)、8日(日) 於;三ツ沢陸上競技場


★200m

小島浩紀   22”46(-0.9)
深田美歩   27”03(-0.5)


★400m

深田美歩   62”32  大学ベスト


★400mH

小島浩紀   54”99
馬場健太   58”63
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-27 21:01 | 試合結果

集合欠 04/27現在

火曜:深田、吉岡、小島、樋口
水曜:深田、石塚、永嶋
木曜:土山、深田、馬場、横田、西本、山本
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-27 07:28 | 集合欠

初投稿

1年のキムチこと木村です。投稿が遅れて申し訳ございません。今日は市村先輩方と坂長ダッシュをやりましたが、まだ体力が戻っておらず3本でバテました。できるだけ早く(でもあせらずに)体力を戻したいと思います。これからもよろしくお願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-25 19:42 | 日記

立ってる!

http://www.youtube.com/watch?v=5uy3oQRpdzU
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-21 23:12

次は

キムチくんと   (お題 カプサイシンについて)


ナガシマくんと  (お題 千葉と船橋と私)



ヤマモトさん  (お題 お遍路さん)


でおねがいします。





* お題は別に無視してください







誰かおしえてやってね!
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-09 23:50

ポールスミスのセカンドライン、R.NEWBOLD

 1885年、ロバート・ブリュースター・ニューボールドはイギリスのダービーに服の製造・販売を目的とした工場とショップを開きました。(以下略)
 20世紀に入ってから、工場の生産品目は拡大し、炭坑夫の作業服、軍服、警察官や消防士、救急隊などのユニフォームも手掛けるようになりました。後に、ニューボールドはシャツの生産を専門とし、 70年代に入ってから、シャツの生産を通じてポール・スミスと深い関わりを持つようになりました。
 1991年、R.ニューボールド社は経営状態が思わしくないことから、ポール・スミスに「工場を買ってくれないか」という相談を持ちかけました。そこにはポール・スミスが人間として、企業として、これまで責任感のある態度で彼らに接してきたという背景がありました。さらにポール・スミスがニューボールドの潜在能力とスピリットを理解し、イギリスの服作りの偉大な伝統に再び新しい息を吹き込んでくれると彼らは確信していたのでした。

 R.ニューボールドのコレクションは、この工場が過去に生産していたことで良く知られている本物のスタイルとアイテムをベースとしています。それらにポール・スミスの個性的な要素をうまく調和させ、「Born In Britain(イギリス生まれ)」を強調するコレクションに仕上げています。

『R.ニューボールド社は経営状態が思わしくない』

にも関わらず、やたらと注文が多いです。

少なくとも頼みごとをするヒトの態度ではありませんね。

しかし、この頑固さとこだわりがポール・スミスに

R.NEWBOLDを認めさせたのかもしれません。

プロフェッショナル同士のやりとりほど見ていて気持ちのいいものはありません。

認めあうということは賞賛としてだけでなく、時には批判という形で表れることもあります。

それを乗り越えたとき新しい日の丸が見えてくるのではないでしょうか?

おそらく、靖国神社も幾重の衝突を重ねて今の形になったのだと思います。

宮内庁と委員会と神社サイドとの折衝が何度も行われていたことが

最近、公文書資料館が公表した資料に掲載されていました。

しかし、(合祀など)重要なところについてはまだ明らかにされていません。

ますますの情報公開が求められますね。

僕にとっては陸上も同じです。

様々なヒトの陸上に対する考え方、走りのメカニズムを聞いて

①まずはすべてに共通するベーシックな部分を理解すること。

②次に自分がどの立場をとっていくかを決めること。

③自分自身のオリジナリティを出していくこと。

これらは僕の中で様々な考えが衝突した結果として生まれてくるものです。

おそらく情報源は多ければ多いほど選択は正しく為されるものだと思います。

そのためにもこれから先輩・同輩・後輩といっぱい陸上の話をしたいとです。

是非、僕の成長のためにみなさん一役買っていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

次は、貯金は独りでやってくれ!僕を巻き込むな!!ババケンタ
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-06 23:28 | 日記

嗚呼、新学期。

浮氣ではありませんが、鬱な題名ですね。

今年は履修が大外れです。

そんなわけで、今日授業変更の申し込みをしなくてはなりません。

新学期がこんなに鬱なものだとは知らなかった青二才の僕。

小堀さん、僕からかすかに合宿所の薫りがするのは気のせいでしょうか?

自宅にいながらにして合宿所のかをり。

これぞ、本物の廃人ですね。笑ハハハ

はぁ・・・。

ババはワールドウィングで貯金を始めようとかわけわかんないこと言ってくるし、

独りで始めろよ感が否めません。

最近のババは大人になりたがっているらしく(本人いわく)

新聞を読み始めようか、貯金を始めようかの二択で悩んでいます。

そんなもんどっちでもいいんですが、

竹井さんの

「見た目は大人、アソコは子供」

という名言を思い出して、独りで笑っていました。



先日、織田で300m走りました。

タイムはまぁまぁなんですが

どうも300m/400mというよりは

300m走を走った感じで

まだまだこれからだなぁという雰囲気が漂います。

しかも、ラスト一本の100mでまたハムを痛めました。

僕の右ハムはデフレスパイラルにはまったようで(近藤さんいわく)

価格が加速度つきで低下していきます。

完全に治るまで100mをガチで走るのはやめます。

チームの勢いというのは

狙っている試合の前後に選手ではない部員がベストの状態でいることで生じてくるものだと思います。

僕も本当は自分も走れるんだというところをみなさんに見せていきたいんですが・・・。

今自分にできることを精一杯やることしか

自分にはできないので

できることをやろうと思います。

風邪ひいたあとの練習前の決意に似ています。


次は川和にして最強の小島、小島くんでお願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2007-04-06 10:09 | 日記