短中ブログ2009

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もうすぐ期末試験かぁ…

こんばんは。木村です。2009年も「キムチ」キャラを貫いていこうかな、でも少しは変えてみたいな、と思っています。


さて、突然ですが、昨日僕の家にもついに地デジが入りました!アナログ放送とどこが違うのかなと思ってじっくり観てみたのですが…

……正直よくわかりません(笑)


これは恐らくうちのボロテレビがいけないんだろうなぁ、と家族で意見が一致したので、近いうちに液晶テレビに変えると思います。そうすれば、もっときれいな映像が見れるんだろうなぁ、と期待してます。


こういう「新しいものを取り入れていく姿勢」というのは、僕の高校では否定的でした。僕の高校にはペットボトルや缶などの自販機が1台も置いていないのですが、その理由は「時代の流れに乗って新しいものを導入しようという姿勢は良くない」というものでした。まぁかつて軍隊学校だった名残で、中学3年間は春に必ず遠足で山登りを義務付けるなど、昔ながらのしきたりに固執するような学校なので、教師陣も頭が固い人が多かったのでしょう。


しかし、陸上競技には「新しいものを取り入れていく姿勢」は必要だと思います。今までの自分のスタイルに固執し続けるのではなく、周りの意見や知識を取り入れて改善していくことも重要なのではないでしょうか。僕は今、いろいろな方から意見をもらいながら、フォームの改善に取り組んでいます。うまくいくかどうかはわかりませんが、さらにタイムを伸ばしていくために頑張っていきたいと思います。



結局、普通に書いてしまいました。もうちょっとふざけようかと思ったんですが、あんまり頭が働かないので、この辺で終わりにしたいと思います。

明日は、いよいよ待ちに待った300mです!!頑張って乗りきりましょう!!!


次は、また中距離にパスを戻すということで、石黒でお願いします。
[PR]
by keio_tanchu | 2009-01-10 23:59 | 日記

1月7日 練習結果

今日のメニューは 250×5×2 R=15' r=250walk でした。

小島 33"4 33"5 34"0 34"1 34"3 34"0 33"7 35"9 36"3 40"6
石塚 35"9 35"6 36"7 36"7 34"2 35"0 36"1 39"1 39"3 41"0
佐藤 33"7 35"2 39"9 41"1 40"3 36"9 36"7 36"8 DNF
深澤 36"4 35"8 36"4 37"2 37"2 36"9 38"5 39"4 40"1 38"0
木村 36"2 33"8 34"6 34"3 35"1 33"4 34"5 DNS
小川 35"5 33"8 34"7 35"3 40"6 DNS
永嶋 33"9 33"7 34"2 34"6 DNF 33"9 34"9 37"6 DNF DNS
廣瀬 33"2 33"3 34"1 34"3 34"0 33"9 34"6 35"3 35"8 35"1
山本 41"1 41"1 41"5 DNF 46"5 42"4 44"6 44"8 44"5 47"4
齊藤 41"4 41"4 41"7 42"7 45"8 43"1 45"4 44"4 44"0 46"1


ふくらはぎが攣るか攣らないか、that is the question でした。

300×20 も 攣ったら終わりだ…
[PR]
by keio_tanchu | 2009-01-08 20:44 | 練習

一年の計は元旦にあり

あけましておめでとうございます。成田です。うわ~、元旦から成田かよーゲロゲロ~と思った方、申し訳ありません。


いつぞやに小島くんから書いてって書かれてたので新年を機にいっちょ書いてやろうかと思います。


突然ですが、下記の文を読んでみてください。できれば2~3回。




                         「真剣勝負」

 剣道で、面に小手、銅をつけて竹刀でしている間は、いくら真剣にやっているようでも、まだまだ心にスキがある。打たれても死なないし、血も出ないからである。しかしこれが木刀で試合をするとなれば、いささか緊張せざるを得ない。打たれれば気絶もするし、ケガもする。死ぬこともある。まして真剣勝負ともなれば、一閃が直ちに生命にかかわる。勝つこともあれば、また負けることもあるなどと呑気なことをいっていられない。勝つか負けるかどちらか一つ。負ければ生命がとぶ。真剣になるとはこういうことをいうのである。
 人生は真剣勝負である。だからどんな小さな事にでも、生命をかけて真剣にやらなければならない。もちろん窮屈になる必要はすこしもない。しかし、長い人生ときには失敗することもあるなどと呑気にかまえていられない。これは失敗した時の慰めのことばで、はじめからこんな気がまえでいいわけがない。真剣になるかならないか、その度合いによってその人の人生は決まる。
 大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない。おたがいに心を新たにして、真剣勝負のつもりで日々にのぞみたいものである。



読んでくれましたでしょうか。これは僕が高校2年生の時に、当時の顧問の先生が紹介してくれた、松下幸之助さん(知らない人はwikipediaで調べてね)が書かれた文章です。


あまりダラダラと長い文章を書いてもしょうがないので、言いたいことだけ言わせてもらいます。

皆さんも、「今日の練習は適当にこなそう」とか、「今日の試合は負けたけど、まぁ来週も記録会あるしー」とか思うことはありませんか?

そんな時僕は上の文を思い出すようにしています。

「真剣勝負」。小学1年生でも知っているこの言葉の本当の意味をもう一度噛みしめて、日々の練習、そして試合に臨んでいきましょう。



ふぅ、久しぶりに真面目モードで文章書きました。
次ですが、石塚君から木村君へ指名入ってますのでよろしく!
[PR]
by keio_tanchu | 2009-01-01 14:12